遺伝子検査

映画スターのアンジェリナ・ジョリーが乳がん予防の目的で両乳房切除術を受けたことが発表されました。彼女の母親が乳がんで死去されていることから、遺伝子検査を受けたところ、がん発生を抑制する遺伝子に異常を認めたとのことです。この遺伝子異常があると、乳がんになる確率が65%、卵巣癌になる確率も36%にもなるそうで、今後は日本でも同様のケースでの予防的切除術が可能になっていくそうです。今回、彼女が女優にとっては商売道具でもある自分の身体にメスを入れ、それを発表したのは、単に自分の健康を守ろうとしただけでなく、文字通り、身を切って遺伝子検査の重要性を世界に訴えたというわけです。 セレブと呼ばれるハリウッドスターはしばしばこのように自分の身を挺してメッセージを発信することがありますが、この辺りは日本の芸能人とはまだまだ開きがあるように思います。

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    がぶがぶ (月曜日, 27 5月 2013 18:56)

    頑張って

  • #2

    がぶがぶ (木曜日, 06 6月 2013 08:32)

    ブログ更新楽しみにしてるんですけど

  • #3

    Albina Brin (土曜日, 04 2月 2017 00:34)


    My brother recommended I might like this blog. He was once entirely right. This submit actually made my day. You cann't imagine just how much time I had spent for this information! Thank you!