在宅医療に対する当院の考え方

人間としての尊厳という言葉が認知されて久しく経ちます。

最近では終活(自分の人生の幕引きを自らの意志で決める)、エンディングノート(人生の幕引きまでを含む自分の歴史、物語を記録に残す)」という考えも多くの方々の共感を得ています。

 

患者様が様々な理由で通院困難になった時、不幸にしてご家族が重篤な病に冒された時、とご家族が思うことは様々です。家族に介護の負担をかけたくない、できるだけの医療を受けたい、受けさせたいと考え、入院を選択する場合もあるでしょう。一方では住み慣れた我が家を離れること、愛するご家族と毎日会えないことに寂しさを感じる方もおられることと思います。

 

人間には皆、それぞれの人生の歴史、物語があります。当院は在宅医療とは患者様、ご家族の意志、物語を尊重し、ともに手を携えて治療方針を考えていく医療(物語に基づく医療)と考えます。当院の在宅医療が入院・施設入所以外のもう一つの選択肢になればと願っています。