在宅医療とは

ご自宅で受けられる医療です

定期的な医療が必要だけれど、通院は難しい。入院よりも住み慣れた家で過ごしたい。そのような方も、当院より医師が訪問し、ご自宅で医療を受けられます。診察、処方をはじめ、必要に応じて採血や超音波検査、注射や点滴などの医療処置を行います。

定期的に訪問します

原則として月2回の定期的な診察(訪問診療)を行いますが、病状が悪化した時は臨時往診も行います。

※容体が変化したときに臨時で診察に赴く往診とは異なりますのでご注意ください。当院では往診のみの対応は原則、行なっておりません。

いつでも対応します
訪問看護ステーションとの連携の上、24時間365日、緊急時すぐに連絡が取れる体制を整えています。

 

在宅医療の対象となる方

  • 病気により通院困難な方

  • 入院よりもご自宅での療養を希望される方

  • グループホームなど医師が常勤していない施設に入所されている方

在宅医療の対象疾患

  • がん
  • 難病(ALS、パーキンソン病など)
  • 認知症
  • 脳卒中
  • 全身管理の必要な方(心臓病、腎臓病、肺疾患、糖尿病など)

在宅医療で可能な医療管理

  • ターミナルケア:ガン末期や終末期でも痛みを取って自宅で過ごせるお手伝い
  • 呼吸管理(在宅酸素、気管カニューレ、人工呼吸器)
  • 栄養管理(胃瘻、経鼻胃管、点滴、中心静脈栄養)
  • 排尿管理:膀胱留置カテーテルや投薬
  • 床ずれ予防・処置:床ずれ防止の工夫や指導、床ずれの処置
  • 認知症ケア:認知症の治療、事故防止など認知症介護のアドバイス
  • 高血圧、糖尿病などの慢性疾患に対する継続的加療