エコー検査のご案内

超音波検査とは?

耳には聞こえない超音波を臓器に照射し、画像化する検査です。様々な病気の診断を迅速かつ効率的に行なうことができます。検査には全く痛みを伴わず、お子様、お年寄りから妊婦さんに至るまで安全に検査をうけて頂けます。通常、30分以内に検査は終了いたします。

当院では経験年数15年のベテラン女性臨床検査技師によるエコー検査を行っております。

頚部エコー検査

腹部エコー

肝臓、胆のう、膵臓、腎臓、脾臓などの断面を見る検査です。肝臓癌、脂肪肝、胆のう癌、胆石、膵臓癌、膵炎、腎臓癌、腎結石や腹水の診断に有用です。当院の腹部エコーはカラードップラー方式ですので、肝臓腫瘍の異常な血流なども見え易くなっています。

腹部超音波画像

心エコー

心エコーの目的

心臓は全身に血液をおくるポンプのようなもので、そのポンプとしての動き具合や心臓の筋肉の厚さを評価したりするための検査です。またこのポンプには反対方向に血液が流れるのを防ぐための“弁”というのがついていますがその弁の閉まり具合や開き具合、その他心臓の中に血液の塊がないか等の確認にも使います。動いている心臓の断面を見る検査です。
心筋梗塞、高血圧性心臓病、弁膜症、心筋症などの発見に有用です。当院の心エコーはカラードップラー方式ですので、わずかな弁の逆流なども検知できます。

 

頸動脈エコー

頸部動脈エコーとは

血管の内側の形状や血管内膜および血管壁の状態を観察する検査です。高血圧や高脂血症、糖尿病、肥満を有する人や、その境界値にいると考えられる人に対して、全身の血管の動脈硬化の進行度を推定することが可能です。     

 

頸動脈エコーが有用な患者様

  • 脳血管疾患が疑われる患者様
  • 動脈硬化性疾患の患者様― 心筋梗塞、狭心症、閉塞性動脈硬化症、大動脈瘤など
  • 動脈硬化のリスクが高い患者様 - 糖尿病、高血圧、脂質異常症、高尿酸血症、喫煙、メタボリックシンドローム、運動不足、ストレスなど
  • 頸動脈の血管雑音が聴取される場合
  • 高安動脈炎
札幌白石脳神経外科病院 IMT(内膜中膜複合体肥厚度)の測定札幌白石脳神経外科病院 IMT(内膜中膜複合体肥厚度)の測定

 

 

 

甲状腺エコー

 

甲状腺は、のどぼとけの下に位置し、蝶が羽を広げたような形をしている内分泌器官です。 この検査では超音波を甲状腺に当てて、甲状腺のサイズや形状、腫瘍の有無などを調べます。 また、血液中の甲状腺ホルモン、甲状腺刺激ホルモンの値を測定して、甲状腺のはたらきや異常を調べる検査です。


診断できる主な疾患
  • 甲状腺腫瘍
  • 甲状腺機能亢進症
  • 甲状腺機低下症